ルーティンを通して、心が整っていく・・・

最近はいっきに初夏という感じで暑い日も多いですね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

(※5月13日配信のメールマガジンより転載)

東京は緊急事態宣言ですが、こんな時こそおうち時間を活用してセルフメンテンナンスのチャンスです。平日朝ヨガにもお気軽に遊びにきてくださいね。仲間につながり深呼吸するだけでも気持ちが軽く楽しくなったりするものです♪(顔出しは必要ありません)
腸を動かすには横隔膜を動かしたり、副交感神経の働きを高めたりすることが大切。呼吸やリズム、運動を用いながら、誰でもできる簡単な方法で腸を動かしてゆきますよ。https://selfmaintenance.org/yoga

ここ最近、過去の長沼さんが過去行ってきた取材について、こちらに記事をまとめてUPしました。
なんとな~く気になった人やメッセージから読み進めてはいかがでしょうか?
https://selfmaintenance.org/people

そして先日長沼さんとまた新しくインタビューをさせていただいたのは、私の憧れの女性であるソシエワールドの元社長であり、現在は株式会社テシオ代表取締役の須藤政子さん。

こんな年の重ね方を私もしたい・・・・!と憧れる女性です。

まだソシエが創業まもない頃1973年、10代でソシエに入社され、2016年に退任されるまで、お客様・会社のメンバー・取引先など沢山の方に向きあい、非常に忙しく充実した時間を過ごされてきた須藤さん。
社長退任後、65歳でまたご自身の会社を起業され、今現在も後進の育成や社会課題の解決に向け、非常に忙しい日々を過ごされています。

全く年齢を感じさせないバイタリティや華やかなオーラ、それでいて自然体でチャーミングな須藤さんに、人生を元気に楽しむコツを伺いました。

沢山のヒントをいただきましたが詳細は長沼さんが記事にしてくださるので(6月に公開予定)、今日は私が心に残ったメッセージを皆さまにシェアできたらと思います。

-美しさを磨くことは、豊かさにつながる行為。
綺麗なお洋服を着たい。おいしいものを食べたい。それと同じこと。

-創業者が自分を信頼して任せてくれたこと+自分の夢(当時まだ無いトータルビューティーサロンを世の中に創る!)
 この2つがいつも須藤さんの原動力だった。
 そして若い時から心を整えるように工夫していた。

-いうべきことは相手にしっかり言うけれど、一度伝えたらサッパリ忘れてしまう切替力が大切。

-お客様は聞いて欲しい、受け止めて欲しい、話したい。そんな時に相手にしっかり傾聴するのは当たり前だが、それにとどまらずに相手の本音を引き出す雑談力(引き出し力)がとても大切。

-はたからみてどんなに恵まれていても、心が満たされているとは限らない。それは本人にしかわからないこと。人はつながりや愛を感じていたい。

今の須藤さんのルーティンは
-朝お野菜を沢山食べること
-毎日ラジオ体操をすること
-お塩で家の周りを清めること
-週に2回はピーリングをすること  などなど…

なにが正しいかよりも、そのルーティンをやる過程が大切。
ルーティンを通して、心が整っていく・・・

もう全てに深~~~く共感してしまいました。

私たちはすぐ、もっと正しいやり方があるのではないか、これは正しくないのではないか、とか考えてしまいがちですが、やる【過程】で心が満たされたり整っていくことの方がむしろ大切なことなんだ!という気付きがありました。

セルフメンテナンス協会の1つのテーマは、皆でルーティン・リズムを共有すること。ルーティンは、私は毎日これをやっているから大丈夫という安心感につながってゆきます。

私は美意識が高くなく自分のケアを後回しにしてしまいがちなのですが、
自分をしっかり慈しんで大切にできる人には独特の素敵なオーラが出ている気がするので、もっと自分磨きをして豊かさにつながってゆこう!と決意を新たにしたのでした!!

★おすすめ本★
須藤さん執筆の「働く女性のためのココロ磨きのヒント」
https://amzn.to/3y5YlOI

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2021/5/13配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら