世の中のほとんどのことはどうでもいい

さて、今日は、
衝撃のタイトルにしてしまいました。

「世の中のほとんどのことはどうでもいい」
どーんw

しかし最近富にそう思うのです。

他人の価値観や考え方は思った以上に多様で、
そして世界はその多様性をますます尊重してくれるように
少しずつ優しさにシフトしている。。

今「〇〇しなければ」とか
うまくできた、うまくできなかった、と一喜一憂していることすら
きっと他人から見たらどうでもいいことであり、
もしかしたら自分自身改めて問うてみると
「はて、、、勝手に社会から見た基準に自分をあてはめていただだけで
どうでもいいことかもしれないな」
と気付くこともあるかもしれません。

以前長沼さんのメルマガでも登場した、
長沼さんがペルーとボリビアを一緒に旅したお友達の言葉。

「生きる」というコトは、
『本来は関わる必要のない問題に、
自ら好き好んで首を突っ込む行為』

本当にこれだよなぁと思うのです。
誰かのため、家族のため、会社のため、社会のため、、
と思うよりも
「私がやりたいからやっている」
というスタンスに立つ方が自然ですよね。

全てのことは本当に本当にやめたいならば、
自分の意思でやめられることが多いでしょう。

「やりたいからやっている」
だから、出来ても出来なくてもいい。
本当にやめたいならば、やめたっていい。
今は決断せず、立ち止まり、決断を手放してみてもいい。
そう、いつもそこには
自分の想像以上のチョイスが転がっているんです。

でも、逆に
私が生まれた理由
私がこれだけは譲れないと思うもの
がもしあるとしたら、
それを自分だけは大切に大切にしてみてはいかがでしょうか。

これだけは譲れない。
ただそれだけでいいし、
それ以上でもそれ以下でもない。
誰がどう言おうと誰に認められようと認められなくても
もはや関係ない。

自分のソースにつながる生き方は、
社会が大きく変わっても平常心を保ち、
また次の方向にしなやかにシフトできる礎となってくれます。

年末、私はそんな自分自身の気持ちを整理する意味もあって
久しぶりに絵を描きたいと思っています。

美しくととのえること。
楽しく満ちて溢れること。
私はよく表現できないこの2つの感覚が
小さい時からとっても好きなんです。

(部屋は汚いのですがww
そういう整えるのではなく、
問題や課題や人や組織を整える感じですかねw)

テキーラ、ファッション、海外、セルフメンテナンス、、
そのどれもは楽しく満ちて溢れるイメージの中にあります。
やりたいからやっている。
どんなに大変なことがあっても、やりたいからやっている。
たまに認めてほしい!と思う自分が出たりもしますが、
そりゃ頑張ったもん認めてほしいよなぁw
と自分で自分をまた俯瞰する・・・

上空にもう1人の自分がいて自分を俯瞰する感覚や、
今自分がなにを感じているか?観察する内観力
を身に着けて、

一度きりの人生を大切に生きてゆきましょう。
​​​​​​​

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2020/12/21配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら