ダメな自分がいてもいい

突然ですが、
あなたはコンビニや本屋さんに入ったら、
必要なものがある棚に直行しますか?
それともウロウロ歩いてみるタイプでしょうか?

最近目標や目的にむかって一直線に進む=考えるよりも
感じて動く方が早く目標や目的に近づくなぁと強く感じています。

タイミングやシチュエーションにもよると思いますが、
今度少しゆったり余裕があるときに、
「私はどこの棚に行くと今必要なものに出逢えるだろうか?」
という感覚で「感じる」練習をしてみてください。

全く意図しない新しいなにかに出逢えるかもしれません。
意図しないインプットや余白感は、
おもいがけない未来を切り開いてくれます。

さて、
​​​​​​​いきなり脱線してしまいましたが、
今日はみなさんに
コントロールすることを手放すためのワークを
ご紹介したいのでした・・・!

うまくできるように
人と比較して劣っていないように
怒られないように
嫌われないように

このような他人を基準とした人生を生きていると
息苦しさに疲れてしまいますね。

なるようになる
どちらでもいい
うまくできなくてもいい
私はありのままの私で素晴らしい

この中心感覚が手に入ると、
人生は一気に加速します。
自由で、しなやかで、強い自分。

とはいえどうしてもコントロールから抜け出せない。。。
そんな時におススメしているワークを今日はご紹介します。
経営者の仲間が私に教えてくれたものなのですが。

下記の6行の文章を直筆で書いて、
自分がほっとできる場所に貼り
毎日眺めるだけです。

私もトイレに貼ってボケ~とみています。

私は ダメな自分がいてもいい
弱い自分が いてもいい
役に立たなくてもいい
それでも 私は 愛されているから
守られているから
みんなが 助けてくれるから

自分軸の幸せをみつけて、しっかり地に足をつけていると
どんなことが起きてもあまり動揺しません。

しなやかな植物は、折れない。
頑張っている固い植物は、折れてしまう。

時代の変化や環境の変化があっても
自分の守りたい「ここだけ」を大切し、
しなやかに軽やかに楽しく、生きていきましょう。

そのためには、
食事・運動・呼吸・休養
いずれもが大切になってきます。
そしてその先にある意識変容や行動変容を促し、
結果的に望む未来を自分の手に入れることが出来るようになります。

次回からは、また長沼さんにバトンタッチをいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2020/11/9配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら