自由な人生は「○○○のカラクリ」を理解することから始まる。

今回のテーマは、 
「自由な人生は「○○○のカラクリ」を理解することから始まる」。

前回のメルマガの続きになりますが。。。

「目の前の現実はすでに『過去』である」

という話をしたことを覚えていますか?

過去・現在・未来という時間の流れで考えた場合、
いま思っていることが、すでに「未来の自分」をつくっている。

そう、意識のなかでは、「未来こそが現在」なんですね。

これは考えてみれば当たり前の話なんですが。。。

でも、僕たちは未来が現在だとは思えず、
目に見えるもの(=過去)についしがみついてしまう。

なぜか? それはもう目の前にハッキリと「ある」から。

いや、本当は「あるように見える」だけなのかもしれませんが。。。
でも、そんなふうに疑うことって日常でないですよね?

それに対して、思いというのはいくらでも疑えます。

なにしろ、目には見えないし、他人にもわからない。

そもそも、目の前で起きていることに影響されて、
自分の思いなんてかき消されてしまうことが多いわけで。。。

いつの間にか、
「過去」の枠のなかでしかモノが考えられなくなってしまい、
そうした感覚が当たり前になってしまうと、
同じような現実が漫然と続くことに慣れてしまい。。。

「自分が本当は何がしたいのか?」
「どこに向かいたいのか?」
「どうありたいのか?」

肝心なことがわからなくなってしまいます。

では、どうしたらいいのか?
前置きが長くなりましたが。。。

「過去にとらわれず、未来を意識する」

シンプルですが、ここに尽きることになりますよね?
ここでいう「未来」というのは、

まだカタチになっていない「自分の思い」。

それに対して、目の前の現実は、

もうカタチになってしまった「自分の思い」。

カタチになってしまったものと、カタチになっていないもの。
この二つをごっちゃにせず。。。

いまこの瞬間、

どちらが「本当の自分なのか?」

と問うてみてください。
自分が何に行き詰まり、悩んでいるのか見えてくるかもしれません。

もうカタチになってしまったものは、
過去の結果だから変わらない。

にもかかわらず、変わらないものを変えようとしていませんか?

そうではなく、カタチになったものに対しては、
なるべくちゃんと対処する。

明日、人と約束していたら、その約束は守る。

でも、約束を守ることよりもずっと大事なのは、
いまこの瞬間の自分の思い、なのでは?

「過去の結果」でなぜ「未来の思い」をゆがめてしまうのか?

自由に思っていいはずなのに。。。
それが未来の自分をつくっているはずなのに。。。

なぜ「過去」に縛られてしまうのか?

時間のカラクリを理解することは、時間の呪縛から抜け出すこと。

ちょっと難しい? わかるようでわからない?

でも、ここがわかれば、目の前の出来事に右往左往せず、
しっかりと受け止められるようになっていきます。

過去の自分がつくった現実を受け止め、
自分が思ってきたことがどんな現実を生んだのか?
そのつながりを理解すること。

現実は偶然起こっているように見えますが、
受け止められるようになると、

現象をどう理解したらいいか?

ちょっと引いた目で、いま起きていることに目が向けられるようになります。
そう、「偶然」は「必然」に変わっていく。。。

いや、自分にとっての「必然」に変える。。。

とても大事なステップであったりするわけです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2021/6/3配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら