運命は思わぬところで好転する

今回のテーマは、 
「運命は思わぬところで好転する」。

セルフメンテナンスを続けていくと、
いろいろな変化を体感するようになりますが。。。

ちょっと面白いなと思うのは、

「思わぬ形で運が開けることが増える」

というところかもしれません。
ロジックな説明はなかなか難しいですが、
どうもそういう傾向がある。笑

あえて理由を問うならば。。。

「生物としての感覚が目覚めてくる」

ことが関係しているかもしれません。

一つの事実として、
僕たちは自然の一部であり、
その大きなメカニズムのなかに組み込まれています。

身体を整え、細胞レベルで感覚が目覚めてくると、
そうしたつながりが感じやすくなる、

ヒトの社会に当てはめた場合、
それが人と人との出会い、運の良し悪しといったことに
反映してくるということかもしれません。

僕自身、三浦半島の葉山に移住して8年くらいになりますが。。。
最近、とても素敵な出会いがありました。

葉山に長く住んでおられる
アーティスト、ネイティブ・フルート奏者の真砂秀朗さん。

以前からコンサートにお訪ねしたり、
ご自宅のアトリエで開催された個展を拝見したり、
うっすらとしたつながりはあったのですが。。。

思いも寄らない形でご縁をいただき、ゆっくりお話しするなかで、
不意にひらいめいたんです。

「いまつくっている本の表紙に、
真砂さんの作品を使わせていただいたらすごいな。。。」

腸内細菌研究のパイオニアである光岡知足先生の本を
この春からずっと準備してきて、
ちょうど表紙のデザインをどうしようか、と思っていた矢先だったんですね。

詳細はまた追ってお知らせしますが、
真砂さんにご了解いただき、できあがった表紙デザイン。。。
本当にすばらしい出来栄えになりました。

そして先週末、葉山の奥深く(?)にある真砂さんの棚田を訪問する機会に恵まれ、
そよそよと風にそよぐ稲穂を眺めながら、
点てていただいた中国茶をいただき、ゆっくりお話ししたのですが、
これもまたすばらしい時間で。。。

「自律神経って、こんなにゆるむのか。。。」

たっぷり4時間、言葉を失う機会がしばしありました。
(棚田の雰囲気を味わいたい方はこちらをご覧ください。
https://youtu.be/hR5CCJQ63mw )

この棚田での対話のなかで、
今回の本のコラボレーションにいたる流れをお伝えしたところ、

「これからの時代、そういう形で仕事が生まれる機会が増えてくるかもしれませんね」

真砂さんは、そんな意味のことを話されました。

僕自身、思いがけない形でご縁が生まれ、
取材につながったり、あたらしいプロジェクトが始まったり。。。

この数年、いや、この数ヶ月。。。
その頻度がかなり増えてきている気がしています。

そもそも、真砂さんの棚田(縄文田んぼ)にしても、
僕たちが葉山にやってくる以前からずっとおなじ場所にあったわけです。

いまさらながら、それを知ることができたのは、
僕自身の身体が整い、この土地の周波数に合ってきたからかもしれません。

そう、まず自分のなかで何かが変わる。

その結果、日常のおなじ景色が少し違ったように映りはじめ、
これまで気づかなかったことに気づいたり。。。

思いがけない人や場所につながったり。。。

それらは努力したり、強く願ったりすることで実現するというより、
ふっと意識が変化したことで向こうからやってくる。。。

そのやってくるものを大事につなげていくことで、
人生に彩りが生まれ、豊かになり、
多様性に満ちた自分自身の物語がつむがれていくのかもしれません。

肩の力を抜き、変化を信じることで、それはきっと誰にでも起こります。

そういう世界を共有できる人たちと、
いや、共有できない人もさりげなく包み込みながら。。。笑

日々新しい旅を続けていきたいと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2021/8/23配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥
自らの「体」と「心」と「脳(思考⇒行動)」を能動的にメンテナンスすることにより、
自らのポテンシャルを最大化させ、自分自身や社会の幸福度を高める。
‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 NPO法人 日本セルフメンテナンス協会
 〒151-0055 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-11 
 TEL:03-3354-3281
 HP: https://selfmaintenance.org/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━