天使と人の違いって何? 〜辻信一さん・ロングインタビューを一挙公開!

【インタビュー公開!】

「スローライフ」の伝道者、
文化人類学者・辻信一さんのロングインタビューを公開しました。
前後編、2回にわたって辻さんの世界観に迫ります。ぜひご覧ください!

★「正しさにとらわれず、『悩むことを楽しむ』ことが
人生の豊かさにつながっていきます」(辻信一インタビュー1)
 https://selfmaintenance.org/archives/4321

★「身体を持って、人を愛するため、
僕たちはこの世界に生まれてきたんです」(辻信一インタビュー2)
 https://selfmaintenance.org/archives/4413
=========

今回のテーマは、 
「天使と人の違いって何? 〜辻信一さん・ロングインタビューを一挙公開!」

冒頭で紹介した辻信一さんのインタビューに、
次のような印象深いくだりがあります。

辻 『スロー・イズ・ビューティフル』でも、
天使と矛盾だらけの人間の違いについて書いたんです。

天使って身体がないでしょう? 

天使は身体がないから偏在できる、
いろいろなところにいっぺんにいられるわけです。

つまり、僕はここにいるけれど、
同時に真鶴にもいられて、アフリカにもいられる。

どこにいたっていい。
逆に身体を持つということは、ここにしかいられない。

――ここにしかいられないから、つらく、苦しい。悩みが生まれる……。

辻 そう。身体というのは、悩みの種じゃないですか(笑)。

――悩みの種ではあるけれども、ネガティブなものではない。
矛盾も含め、素晴らしいということですね。
(引用おわり)

生きることにつらさを感じることが重なると、
人は生きることそのものを厭うようになり、
天使が存在しているような「生の向こう側」に恋い焦がれはじめます。

でも、どうなんでしょう? 

辻さんも語っているように、
苦を超えた世界にいる天使には「身体」がありません。

身体があるということは、

時間×距離×速さ

の存在する世界に身を置くということです。

思ったことはすぐに実現しません。

たとえば、身体を持たない天使は、
アメリカに行きたいと思った瞬間、時空を超え、瞬時にアメリカに存在できます。

でも、僕たちは時間、距離、速さのなかで、
アメリカという空間へ身体を移動させるしかありません。

それが体験するということ。

どんな大富豪でも、権力者でも、
せいせい、自家用ジェットで時間を縮められるだけ。笑

物理的な制約から完全には抜け出せないでしょう。

山に登っていると、稜線の向こう側に、
これからたどり着くであろう山の頂が見えることがあります。

経験を積んでいけば、あの頂までどれくらいの時間がかかるか見当がつきますが、
でも、それを証明するには、実際に歩かなくてはなりません。

歩くなかで、天候が悪くなったり、足をくじいたり。。。
想定外のことも起こるかもしれません。

でも、諦めずに進んでいけば、やがてたどり着けるでしょう。
いや、たどり着けるかどうか、自ら体験して確かめるのがルールなんですね。

でも、本当に、何のために?

息も絶え絶えに山を登っている時、そう感じることもあるでしょう。
対する辻さんの答えは、ホント秀逸です。

​​​​​​​
辻 堕天使といって、
堕落して人間界に落ちてくる天使もいるわけですが、
そこで気づくわけですね。

どこにでもいられる自由を捨てて、
なぜ天から落っこちてきて人間になったのか? 

身体を持って、人を愛するためなんです。

しかし、人を愛すれば悩むし、身体があれば、病気にもなるし、
死ななくちゃいけないから悩む。

すると、人間になるということは、まるで悩みを持つためなんですよ。

――相対的な世界だからこそ体験できるわけですね。

辻 ええ。病気なんて身体がなければないですからね。
(引用おわり)

時間、距離、速さの存在する物理空間は、
不自由な制約がつきまとうがゆえに、天使たちのいる世界よりも次元が低い。。。

やがて克服されるべき世界

としてイメージされてきたかもしれません。
天使を信じていない人たちも、進歩した未来、理想の社会に置き換え、
そのイメージを受け入れてきたでしょう。

でも、いま、ここ、この目の前の世界がすばらしい。

そんなパラダイムシフトが起こったらどうでしょうか?

僕たちは、制約を通して制約を超えたものを認識し。。。
他者を通して自己を知り。。。
不自由を通して自由を感じ。。。

そういう仕組みのなかで、
「わたし」ではない無数の「あなた」と、こうしていま、

存在の旅

を共有しています。

なんとまあ、言葉を失うくらいの、ここはすごい場所なんですね。

ここにいながら、何にもならず、
はえてもいない天使の羽をすっぱり捨てて。。。

目の前の世界で見るべきものを見る。知るべきことを知る。

それが、何にも替えがたい、とてもすばらしいことなんだと思うんです。

もっともっと深く、深く、味わいたい。
苦しいことがあっても、できるかぎり踏みとどまって。。。

辻さんの長いインタビューを通して、
いつの間にか始めていた

存在の旅

を思い出す、小さなきっかけが生まれたら、
僕自身、とても嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2021/8/19配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら