チャンスはピンチの顔をしてやってくる

おはようございます。 
セルフメンテナンス協会の 
ゆかしい@中村友香です。 

今回のテーマは 
「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」 
です。 

6/21は毎月1回の座談会でした。 
テーマは「病気の意味と価値」。 
https://youtu.be/ClSG60pJ3xg
まだの方は 
是非ご覧いただきたいのですが、 
裏テーマとして 
「二元論からの脱却」がありました。 

簡単におさらいすると、 

病気=悪、健康=善、 
のような固定/分断された考え方ではなく、 
そこにどのような意味づけができるのか? 
そこにどのような価値を感じ取れるのか? 

その意味付けと価値付けこそが 
脳が発達したヒトに与えられた 
【特権】なのだから 
その特権を充分に堪能しようよ♪ 

というお話でしたね。 

これって、 
簡単に言うと、 
ピンチはチャンスに 
脳内変換しちゃえばいい、 
ということですよね。 

ピンチはチャンス! 
チャンスはチャンス! 
の自己内対話 
を癖付けすると、 

人生には 
チャンスしかないんだ笑 
って 
本気で思えてきます。 

これはなにか物事が 
うまく行かないとき 
全てのことに 
応用できます。 

第5回のメルマガで 
「全ては勘違い(自己内対話)が決める」 
ということをお伝えしました。 

簡単にいうと 
物事の捉え方で現実自体が 
180度変わってしまう 
ってことですね。 
「全ての現実は自分の捉え方とセット」 
なんですよね。 

むしろ 
捉え方⇒現実 となっている。 
順番が逆なのです。 

良い捉え方⇒チャンスの現実に見える 
悪い捉え方⇒ピンチの現実に見える 

どんな意味付けも自分次第。 
だとしたら? 
全てに良い意味付けをしちゃえば良いだけ。 
だとしたら? 
もう人生を諦めている暇など無いのです。 

好転する法則はシンプル。 
(1)捉え方(自己内対話・良い勘違い) 
(2) 決断(やる、と腹を括る) 
(3)行動(ワクワク感情を増幅させて…できるまでやり続ける) 
です。 

==ピンチはピンチの例== 
怒られた⇒ 
相手は私を嫌いなんだ 
もうだめだ… 
人生うまく行かない 
いつも私ってこうだよなぁ 
============= 

==ピンチはチャンスの例== 
怒られた⇒ 

そういえば… 
チャンスはピンチの顔 
しているんだったなぁ 
どんなチャンスなんだろ? 
(にやり) 

OR 
相手も辛いことがあるのかも? 
余裕が無さそうだなぁ 
(これは相手に想いを馳せる方法で 
この動画で詳しく解説をしました) 
https://youtu.be/yDS8U5V1XM4

OR 
私への愛なんだ。 
怒るのも 
エネルギーがいることだよな。 
ありがたいな 

OR 
きついなぁ…でも… 
神様から与えられた 
成長のチャンスなんだ 
次のステップに活かそう 
次は違った自分に出逢えるぞ 
なんかワクワクしてきたな 

OR 
「自己中」ってことで怒られたけど、 
「自己中」の裏返しって 
「リーダーシップ」じゃん。 
長所と短所はセットじゃん。 
じゃあ私って「リーダーシップ」が 
あるんじゃん!? 
================= 

私自身、 

首の腫瘍大手術事件 
社員のほとんど退職事件 
会社の借金膨らみ事件 
・・・etc 

どれもヤバ過ぎて 
恥ずかしいのですが。。。 
色々な人生のピンチ、 
もうこれはどうやっても無理だろう… 
と思えるような 
どん底に突き落とされた経験は 

・自分が望む生き方や働き方と純粋に向き合う機会(チャンス) 
・シンプルに考えることの大切さに気付いたチャンス 
・仲間との信頼関係を構築するチャンス 
・苦手意識のある課題を克服するチャンス 
・会社がさらに大きくなる過程で必要なことを先に学べるチャンス 
・度胸や自己信頼感を身に着けるチャンス 
となったように思います。 
そう、チャンスだらけ!! 

特に首の腫瘍は「死」を意識したこともあり 
価値観が大きく変わりました。 

好きな人と働こう 
好きな人と過ごそう 
難しく考えるのはやめて 
シンプルに生きよう 
食べたいものを 
食べたいときに 
食べよう 
こうでなければならない 
と決めつけず 
多様な状況を愛そう 
でもせっかくいただいた命だから 
できるだけ努力はしてみよう 
努力したらあとは忘れよう 
好きな音楽を聞いて 
好きな友と笑いながら 
輪になって踊ろう 
みたいな。笑 
私の人生で最もピンチな出来事でしたが、 
最も大きなチャンスをもたらしてくれたといえるでしょう。 

ピンチはチャンス、 
チャンスはチャンス! 
今日はどんなチャンスに 
出逢えるでしょうか? 

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2020/06/25配信)より転載