対立軸を解消するカギは◯◯◯?

今回のテーマは、 
「対立軸を解消するカギは◯◯◯?」。

世の中を見渡すと。。。
本当にいろいろな考え方、生き方、発想、思想があり、

いったい何が正しいんだろう?

と、感じることがあるかもしれません。

健康法、食事法、身体の整え方。。。
セルフメンテナンスの方法も様々なものがありますね。

たとえば、糖質制限をすすめる人は、
炭水化物(糖質)の摂取は減らしたほうがいいと言いますが、

セルフメンテナンスで、腸活を実践していくと、

炭水化物は腸内細菌のエサになるから、
しっかり摂ったほうがいい、と言われますね?

まあ、言っているのは僕なんですが。。。笑
だからといって、糖質制限を否定しているわけでもありません。

正しいと正しくない。

好きと嫌い。

良いと悪い。

こういう二元論にこだわっていると、
自分の考えと合わない場合、

戦うか逃げるか。。。

どちらかの選択肢しかなくなってしまうからです。

自分が優位だと思えたら、
「あいつは間違っているからねじ伏せてやる」。

不利だなと思えば、
「ここはひとまず逃げよう」「屈服するしかない」。

これは生物の世界では、ストレス反応の一つで、

闘争か逃走か反応( fight-or-flight response )

と呼ばれています。

この時に分泌される代表的なホルモンが、アドレナリン。

アドレナリンをガーッと分泌させて、
戦うことに使うか、逃げることに使うか。。。

危機に陥ったらどちらかしかないと思うかもしれませんが、
もうひとつ対処法があるんです。

物事を判断する場合も同様なのですが。。。

それが、受け止めるということ。
英語のレシーブ(receive)にあたると思いますが。。。

戦うのでもなく、逃げるのでもなく、
その場にとどまって、慌てずに受け止めてみる。

実際にどうなのかはわかりませんが。。。
パニックになりそうな時ほどアドレナリンを出さない。笑

緊張する時ほどゆるめる、リラックスする。。。

発想に関して言えば、対立しそうな場面になったら、
まず自説にとらわれるのをやめてみる。

「ゆるめる」という点では同じですよね?

たとえば、どちらが正しいのかと感じたら、
逆に、「どちらにも共通するもの」を探してみる。。。

前述した食事法の話の場合、
自説を離れて二つの考え方を俯瞰してみると、

「糖質を過剰に摂ることをどちらもすすめてはないよな」

「甘いものや粉物ばかり摂ってたら確かに血糖値上がるな」

「食物繊維も摂れないから腸内細菌にもエサがあげられないな」

。。。結局、どっちが正しいという話ではなくなってきますね。

こうした対立軸から離れ、共通点を見つけていくとらえ方は、
科学の分野で当たり前に行われている、

「同定」

というプロセスとも重なり合ってきます。
科学では様々な事象からまず共通項を同定し、分類することで、
客観的な事実、法則性を共有していきます。

同様に、哲学の分野では、

「共通了解のゲーム」

と呼ばれることもあります。
正しいか間違っているか、好きか嫌いか。。。
僕たちの脳はこうした二軸対立にこだわり、物事を評価したがりますが、

大事なのは、脳の思考パターンから離れること。

受け止めるのは、アタマ(脳)ではなくハラ(腹)。

レシーブすることで理解が生まれ。。。

何よりも対立から、対立から生まれる葛藤や苦しみから解放され、
発想と行動の自由が生まれることになるのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2021/4/8配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら