バーストラウマ?

今回のテーマは
分離から統合へ
です。

座談会のテーマにも何度も取り入れさせていただいていますが、
私たち人類は今、次のステージにupdateしようとしています。

今時の若い世代は…
ゆとり世代からの悟り世代とも言われますが。

競争社会に疲れ、社会的な名声や富を求めがむしゃらに働くことに疑問を感じ始めていたり。
経済合理性ばかりを追いかける今の資本主義経済の在り方に違和感を覚えていたり。
大人たちがいう幸せのHow toを実践しても、全然幸せになれそうもないぞ?!という悟りですよね。

そしてコロナ…。

やはり今こそ、
分離→統合の世界へ!
セルフメンテナンスが目指す世界でもあります。

自分の本音の建前を統合させる世界。
自分の利益と相手の利益を統合させる世界。
相手の気持ちに想いを馳せて自分の気持ちと統合させる世界…。

ひと昔前だと理想とされていた統合の世界は
今、実現可能な世界になってきています。

世の中の修行法の多くはそのほとんどが
分離→統合の方向性を含んでいます。
YOGAは単なるフィットネスではなくインド発祥の修行法ですが、サンスクリット語で「つなぐ」という意味をもちます。
何と何を繋ぐ?

それはこの動画で詳しく解説をしてみました。
https://youtu.be/Nb8hVNlNeT8

生まれたとき臍の緒を斬られてしまうことは、深層心理学ではバーストラウマと呼びます。アメリカの先住民族の中には、断ち切られた臍の緒の代わりに、呼吸によって母なる大地とつながりなさいという教えがあるそうです。
吐く息で自分の理想を母なる大地に伝える。
吸う息で母なる大地の想いを受け取る。

社会、親、学校、会社など外側からの期待に応えて痛みを避けようとして生きている人生から、自分自身の腹の底からくる要求に沿った現実を自由に想像する人生への変容。。。

条件付きの愛やつながりから
無条件の愛やつながりへ。

二元論の「ある無い」「正しい正しく無い」「良い悪い」という自己分離を超えて、「全てがただあって良い」、というように内側での評価をやめて、分離を統合してゆく。

自分を理解すること、ただありのままでいさせてあげること、
それは「愛」に他ならない!!!

まずは自分をもっともっと愛で満たしてゆきましょう。

やりたいことをリストを作り
自分にそれをやれる許可を与え、
根拠のない自信を与えてゆきましょう。

私自身も、不安や焦りや悲しみや戸惑いに足が立ちすくんでしまうときもありますが、この感覚を取り戻せるように、
長沼さんから食事法の指導をいただいたり、
ヨガや呼吸法をしてみたり、、。

分離してしまいがちな自分の背と腹、
分離してしまいがちな自分と相手、
もう一度繋ごう、、と意識するだけで、
なにか見える世界が変わる感覚を常に持ち合わせていたい、、そのように思っています。
それがこのセルフメンテナンスの原動力になっています。

実行するのはなかなか難しいのですが、
統合を実践する仲間といると
引き戻されてゆく・・・。はっと気付ける。
優しくしなやかで、、でも結果的に強い。
そんな個人やコミュニティになれればいいなぁと感じています。

次回は、また長沼さんにバトンタッチをして、
「サンクチュアリが望む未来をつくりだす?」
をテーマにお送りをしていきます!

一緒にセルフメンテナンスをして豊かな人生を創りましょう。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

セルフメンテナンス協会・メールマガジン2020/08/06配信)より転載

メルマガ登録(無料会員登録)はこちら

Facebookグループ登録はこちらから

有料会員登録はこちら